ハイドロフォーミング技術のリーダー

自動車構造ハイドロフォーミング (液圧成形) 加工法の発案者である Vari-Form の技術を用いて、年間数百万もの部品が世界中で製造されています。1989 年、Vari-Form は検証済の圧力シーケンス・ハイドロフォーミング (PSH) 加工法により大量生産を開始しました。今日の Vari-Form は、現時点で1億個以上もの部品生産の実績を誇る業界のリーダーとして成長しました。革新技術は常に、 Vari-Form がリーダーであることの象徴です。

例えば、Vari-Form が独自に実施した最新の詳細な工学研究によると、ハイドロフォーミング法は、最新式のスタンピングまたは溶接による加工法と比較して、部品価格を 11 % 削減、工具経費は 14 % 低減、そして重量は7 % 軽量化を達成しています。これらの価格や重量の低減という結果を受け、世界中の自動車メーカーが様々な構造アプリケーションにハイドロフォーミング法の採用を検討しています。

リヤレール

  • 優れた嵌合性と仕上げ
  • フランジの排除
  • 優れた剛性と強度
  • 騒音、振動、ハーシュネス (NVH) を改善

スペースフレーム

  • 構造保全性を損ねることなく重量を軽量化
  • 溶接必要箇所を減らし、組立時間を節約
  • ボディショップの床面積を削減

ルーフレール

  • 自動車業界初のフランジ式アプリケーション
  • スタンピング式設計と比較して単品価格を 7%、重量を 9% 低減
  • ホットスタンピングを必要とせずに、構造性能および寸法安定性の改善により、客室の追加補強が要求されるルーフクラッシュ耐性テストに適合

フロントエンド構造

  • 自動車業界で初めて、スタンピング式設計と比較して、工具経費および単品価格を各々 31% および 12% 削減
  • 横剛性およびねじり剛性を改善
  • 加工費および床面積について OE の経費を大幅に削減